マクドナルドオープンキッチンで起死回生?事件と株価のまとめも!

この記事は2分で読めます

sponsored link
Pocket

コスメブランド
異物混入が相次ぎ、信頼とともに売り上げも低迷していったマクドナルド。
そんなマクドナルドが信頼を回復するため、新たな秘策を打ち出すことを発表しました。
その秘策とは「オープンキッチン」の導入です。今度こそ起死回生となるのでしょうか。
今回は「オープンキッチン」「過去の事件とそのときの株価の推移」「商品の人気順」「裏メニュー」の4点についてまとめてみました。

sponsored link

オープンキッチンについて

7/17から埼玉県戸田市の「イオンモール北戸田店」と大阪府泉南市の「イオンモールりんくう泉南店」の2店舗で
オープンキッチンが導入される。
オープンキッチンとはキッチンの外壁の一部を横長にガラス張りにすることで、
客席からキッチン内部でどのように調理が行われているかを見れるようにしたもので
安心感を与える狙いがある。

事件(出来事)とその頃の株価

2011年3月:ナットが混入
2012年2月:バーガーに容器キャップが混入
2012年4月:コーヒーお替り無料が終了
2012年10月:メニュー表廃止
2012年12月:会計後60秒を超えるとハンバーガー無料券を配布
2013年1月:朝マックの一部商品の値上げ
2013年3月:1個買うと1個無料券の配布
2013年5月:「メガポテト」発売
2013年7月:「1000円バーガー」発売
2013年10月:「マックトースト」発売
2013年12月:「チーズポテトディップ」発売
2014年4月:「ビッグブレックファスト」発売
2014年7月:賞味期限切れナゲット事件
2014年9月:「妖怪ウオッチ」とのコラボ大成功
2014年10月:イカスミバーガー発売
2014年10月:とんかつマックがレギュラー化
2015年1月:ナゲットに異物混入
2015年1月:ポテトに人の歯混入
2015年1月:デザートに異物混入
2015年1月:米マクドナルドCEO退任
2015年7月:フルコース発表
2015年7月:オープンキッチンの導入
マクドナルド 推移

メニューの人気順位発表

メニューの人気順を調べると意外な結果が判明しました。
ハンバーガーが1位ではありませんでした(出典はお試しかっ!2014年1月)
それでは発表していきます♪

10位 ハンバーガー(120円)

9位 えびフィレオ(360円)

8位 ダブルチーズバーガー(330円)

7位 フィレオフィッシュ(310円)

6位 チーズバーガー(150円)

5位 チキンクリスプ(100円)

4位 ビッグマック(360円)

3位 てりやきマックバーガー(320円)

2位 チキンマックナゲット(190円)

1位 マックフライポテトM(260円)

裏メニュー

裏メニューとうよりは裏技に近いのですが、
実は頼めばしてくれるサービスがあります。
NAVERまとめから抜粋しました。

・水:氷のみ可能
・ポテト:塩なし/多め、ケチャップ、「出来立て」注文可
・チキンナゲット:ケチャップ、マスタード両方貰える
・飲み物:氷抜き(氷ありと同じ高さまで入れるので得)
・コーヒーブラック:ミルク、ガムシロップ抜き
・シェイク:MよりS2個の方が量多い
・バーガー:野菜抜き/多め(レタス、オニオン、ピクルス、トマト、キャベツなど)
      チーズ、ソース抜き/多め(マスタード、ケチャップ、マヨネーズ、タルタルなど)
・マックグリドル:肉とホットケーキを別々に
・ソーセージエッグマフィン:卵抜き
出典:NAVERまとめ

まとめ

7/17から2店舗でオープンキッチン導入
事件が起きた時には株価は下がる傾向がある
人気メニュー第1位はマックフライポテトMサイズでハンバーガーは10位
裏メニューがある

何かと話題になることが多いマクドナルド。
オープンキッチンの導入で信頼と売り上げを回復し起死回生できるのでしょうか。
要注目です♪

ではでは~(^^)/


sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。